奥二重メイク特集! アイライナー選びをマスターして理想の目元に!

奥二重メイクアイライナー

奥二重だからといって、アイメイクを諦めてやらなかったり、どうせ消えてしまうと思ってアイラインを引かないのは非常にもったいないことです!

確かに、奥二重の場合、間違ったアイラインの引き方をしてしまうと目の小ささを強調してしまうこともあります。

でも、しっかりとメイクをすれば、奥二重なら目を大きく見せることができるのでもう一度アイメイクにチャレンジしてみませんか?

今回は、アイメイクを諦めてしまっている奥二重さんのためにおすすめのアイライナーとアイラインの引き方について紹介していこうと思います。

 

奥二重にピッタリのアイライナーは?

奥二重は、他の人よりも瞼に厚みがあるので、せっかく引いたアイラインも滲んで消えてしまうことがあります。

そうならないためにも、まずはアイライナー選びがとても重要になるのです。

奥二重の人がアイライナーを選ぶときには、以下の条件を満たすものを選ぶようにしてください。

  • にじみにくい
  • 素早く乾く(速乾性)
  • ウォータープルーフ(汗に強い)

今やアイライナーにはたくさんの種類がありますが、上記のポイントを満たした「リキッドタイプのアイライナー」が奥二重の方にはおすすめです!

奥二重メイクアイライナー

出典:www.cosme.net

リキッドタイプならば素早く乾いてくれるし、皮脂に強く夏場などでもにじみにくいです。

ペンシルタイプの方が使いやすく初心者向きではあるのですが、どうしてもにじみやすいので目元をより魅力的に見せたいのであればリキッドタイプのアイライナー方が効果的です。

といっても、リキッドタイプのアイライナーを引くには少しコツがいるので、奥二重に合ったアイラインの引き方を紹介していきます。

 

奥二重の目を大きくするアイラインの引き方は?

奥二重の場合、一重や二重の人とは違ったアイラインの引き方が必要になります。

なので、しっかりとポイントを知ったうえでアイラインを引かないと目を小さく見せてしまうので注意しておきましょう。

 

奥二重のアイラインの引き方

1:瞼を指で軽く引き上げ、中央から目尻にかけてアイライナーを塗っていきます。この時ポイントとなるのは、まつ毛とまつ毛の間をしっかりと埋めること!

そのため、一気に引いてしまうのではなく1本1本の間に塗っていくようなイメージで丁寧に引いていきましょう。

奥二重メイクアイライナー

出典:kinarino.jp

 

2:同じように、今度は目頭から中央にかけてアイラインを引き、先ほどのアイラインと繋ぎます。

3:仕上げにより目を大きく見せるために、目尻だけアイラインがやや太めになるように書き足します。引き方のコツとしては目尻の延長線上に引いていきます。こうすることで奥二重の特徴を活かしつつ目を大きく見せることができます。

奥二重メイクアイライナー

出典:www.weddingpark.net

 

4:鏡でアイラインが塗れきれていない部分はないかチェックし、足りなければ埋めていくようにします。この時、できれば三面鏡を使って前・横・目を閉じた時の状態を確認すると仕上がり具合が増します。

5:最後に目を開けて、アイラインが二重の幅に隠れてしまっていなければ完成です♪

奥二重メイクアイライナー

出典amanaimages.com

 

これだけでもだいぶ目元の印象を変えることができますが、さらに奥二重を活かした応用アイメイク術も紹介します。

 

奥二重のアイラインメイク(応用編)

奥二重のアイメイクの基本を掴めば、「もっと目を大きく見せたい」とか「優しい自然な目元を演出したい」といった、なりたい自分がより明確にイメージできるようになります。

そこで、目を大きく見せる場合と優しい目元にする場合のアイライナーの選び方を紹介します。

1:目を大きく見せるアイメイク

目を大きく見せたい場合は、ブラウン系のアイライナーを選び下まぶたの目尻3分の1部分に書き足すのがポイントです。また、アイライナー以外にもアイシャドウを入れてもナチュラルで大きな目元を演出することができます。

もし、腫れぼったい奥二重の場合はアイシャドウはマッド系で、やや暗めのファンデーションをアイホールになじませることで腫れぼったさをなくすこともできます^^

 

2:優しいを目元にするアイメイク

ナチュラルメイク風な自然な目元を演出するならアイライナーはブラックよりブラウンがおすすめです!

ブラックだとアイラインがはっきりしすぎてしまい、目力が思っているより強くなります。

そうなると、目指している姿と真逆の怖い印象になることも…

優しい目元にしたいなら、やはり肌の色に近いブラウン系のアイライナーを選びましょう。

 

まとめ

今回は、初心者にはテクニックが必要と思われがちなリキッドタイプのアイライナーを使った奥二重のアイメイクについて紹介しましたが、いかがでしたか?

奥二重のアイライナーの引き方は

  • アイライナーはまつ毛とまつ毛の間を埋めるように引く
  • はじめは中央から目尻に向かい、次に目頭から中央に向かって引いていく
  • 仕上げに目尻側をやや太めになるようアイラインを引く
  • 目を開けてアイラインが二重の幅に隠れていないかチェック

というのがポイントでしたね!

最初はコツを掴めるまでに時間がかかるかもしれませんが、慣れればペンシルタイプとは違ってにじみにくいので、長時間自分の理想の目元になることができますよ^^

今まで、ペンシルタイプでアイメイクをしてきた奥二重さんはこれを機にチャレンジしてみてください♪

 

メイクでは作れない本物の二重を手に入れるには?

奥二重 メイク アイライナー

出典:nicoly.jp

今回ご紹介したアイライナーの引き方を実践すれば目の印象を変えることが出来ますが、毎日ガッツリとメイクをするのは面倒だったりしますよね。

そもそもメイクが苦手だったら、上手く決まらなかった日は一日中気分が乗らないこともありますよね。

もし、アイメイクではなく本物の二重に1日でも早くなりたいなら、ナイトアイボーテというコスメがおすすめですよ。

しかも、通常価格4,860円のところ今だけ100名限定特価2,980円で購入できるので、早い者勝ちです!

 

 

こんな記事もよく読まれています: